お客様を増やすネイル技術

ストーンネイルの置き方とコツ 初心者向けジェルネイルデザイン

投稿日:

以前ご紹介した、ジェルから―をムラなく塗布する方法

ムラなく綺麗に
プロネイリスト並みにジェルカラーをムラなく綺麗に塗布する方法とやり方

  今回はベースの塗布 前回の、トップジェルを綺麗に塗布する技ですが、 上記の様な綺麗な仕上がり、光のラインを目指す場合、 トップで厚みを出す場合はコツを覚えれば簡単なのですが、 薄付きでの ...

続きを見る

スポンサーリンク

で、ジェルカラーを綺麗に塗布する方法を説明しました。

 

今回は、デザインが終わった次の段階で、
ストーンの置き方のコツをご紹介します。

初心者向きのストーンの置き方、
基本の3種類を覚える事で、
ストーンを置くときのコツを掴めます

分かりやすいように、紙に書きつつ、置き方を説明してます。

  • ストーンの埋め尽くし
  • 根元からのストーン
  • 流れるストーンの置き方

スポンサーリンク

ポイント

初心者向きに、置きやすいストーンの形、
基本の3種類の置き方を説明してます。

一番簡単なのは、流れるストーンです。

 

・流れるストーン
・根元からのストーン
・埋め尽くし

の順で難易度が上がりますので、
一番やりやすいのが流れるストーンで、
一番難しいのが埋め尽くしになります。

 

ネイルサロンの現場でも
ストーンは大人気なのでよく出ますし、
セルフでも必須になってくるので、
早い段階で覚えたい技術ですね。

注意

沢山のお客様を施術していると分かるのですが、
素人のお客様から見ても、
下手と上手、不自然と自然などが
大変分かりやすい技術なので、
早い段階でコツを掴むべき感覚です。

 

実際のネイルサロンの現場では

 

実際の現場では、お客様が言ってくる
『この指に、2~3個、ストーンを置きたい
可愛い感じで、似合う色のストーン』
と、あやふやだけど、
お客様の中にはイメージが出来上がってるパターンです。

そういった場合でも、
気に入っていただける結果を出すために、
爪の長さとバランス、
ストーンの大きさとネイルの長さのバランス
等も、コツとして感覚で覚えていくことが大切です。
※沢山のデザインをしていくと、自然と覚えれます

 

ストーンの置き方は、
考えれば考えるほど迷宮に入りやすい。
コツを覚えて回数を重ねて感覚を掴む

 

 

初心者向きネイルストーンの置き方のコツ

 

ストーンのコツは、
””これを覚えればあとは大丈夫””
という事がなく、

この場合はこうだし、
この爪の長さの時はこうだし、
今回のデザインだったらこう・・

と、場合によって違ってきますので、
簡単に言うと、
基本とコツをだいたい理解したら、

 

へんじゃない感覚を覚えていくことになります。

 

今回は

  • 流れるストーン
  • 根元からのストーン
  • 埋め尽くし

をご紹介してますが、

埋め尽くしの場合

スポンサーリンク

根元からストーンの場合

ネイルストーンの置き方

スポンサーリンク

流れるストーンの場合

ネイルストーンの置き方 ネイルストーンの置き方

スポンサーリンク

といった感じになります。

 

ストーンを置いたときに
これ・・・変だな・・・

ストーンを置いたときに、
『ん?なんかこれ・・合わないな・』
という感覚が掴めれば、

形が、丸いストーンでも
楕円形のストーンでも
四角いストーンでも
扱いは同じなので出来るようになります

 

注意ポイント

この、
『ん?なんかこれ・・合わないな・・』
を掴むためには、
沢山の上手な画像を見て、コツを理解したうえで、
自分自身でもやっていくことで、
感覚として掴めていけます。

※スタッフをみてると分かるのですが、
人によって個人差が大きく、スグにコツをつかめる子もいれば、
結構長い期間かかっても、不自然な置き方をする子がいます。

 

まずは基本を覚える事が上達の近道

 

覚えたいものによって、上達の近道は違うのですが、
このストーンに関しての上達の近道は、コツをつかむこと。

 

まずは基本を数種類覚える
次に、上手な方のネイルストーン画像を見て、
それを真似していき、
目の感覚で綺麗を覚える。

 

残念ながら、気にせずにやっていると・・・
ズート上達しない技術でもあります。

 

例えば

あるスタッフは、半年たっても、
ストーンの置き方のコツも掴めなければ、
『ん?おかしい・・』
という感覚も掴めず、
お客様から軽いクレームを頂いたこともあります。
※やるべきことを教えてもやらないので上達しなかった

 

逆に、働き出した時に下手だった子でも、

①上手なストーンのデザインをたくさん見る、
②ストーンの置き方の基本を覚える
と教えただけで、
数か月後には、自分のオリジナルの置き方まで出来る子もいました。

 

注意ポイント

今回の動画では、
基本の置き方と考え方のコツを伝えてます。

まずは自分でもやってみて、
基本と大体のコツを掴めれば十分。

 

基本とコツをつかんだら、
バランスが変な画像に気づけるようになるまで
上手なストーンを使ったデザインを沢山頭の中に入れる。

 

これが上達の一番の近道です

 

-お客様を増やすネイル技術

Copyright© ネイルで開業経営 今すぐお客が増えるネイル技術&接客技術で集客 方法と経営のやり方 , 2019 All Rights Reserved.