ネイルサロン開業&経営

ネイル素人VSネイル資格所持者 考え方の違いで半年後の差

投稿日:

ネイルサロンを開業する時、
ネイルサロンで働く時に多くの方が気になるのが、

  • 技術はどんなものが必要?
  • ネイルに関しての知識はどれだけ必要?
  • 資格はどれくらい必要?

等が多いと思います。

スポンサーリンク

 

今回は、この中の、

資格はどれくらい必要か?

についての話ですが、

結果

一言でいうと、

資格は関係ない

一番関係あるのは、技術
それも、ネイルの技術ではなく、
ネイルサロンでの接客の技術。

スポンサーリンク

 

ネイル素人がネイルサロンを経営すると

 

私自身のお話ですが、

何もわからないトコロから、誰にも頼らず、
1人で開業して
その後ネイルサロンの経営&店長&現場をやってきました。
(その分、業者の方に馬鹿にされたり、かなり遠回りをしてきましたが・・)

そのおかげもあって、様々な事に自分1人で対応してきて、
いろいろな事が経験できました。

その中で思う事があるのですが、
現実によくある事で、多くの方が困っている部分、

多くの方がここが原因でやめていく
という部分があるので、1つの例でご紹介します。

スポンサーリンク

 

私が見た
全くの素人 VS 資格所持者

 

数年前、似た時期に当店にパートとして働きにきた
全くの素人と、資格所持者がいました。
※2級所持者もいましたが、分かりやすく1級所持者の方でお話ししていきます

全くの素人の子は、

本当の素人で、
ネイル自体もセルフで楽しんでいるレベルの子です。

資格所持者の子は、

有名な先生にかなりの金額を支払い習った
と言う事で、自信たっぷりの子でした。

 

入ってきた当初

実際、
入ってきた時点でのネイル技術のみに関していえば、
資格所持者の子の方が断然よかったです。

新規様からのお問い合わせがあっても、
断っている状態だったので、即戦力で尚更です。

 

素人ネイリストと資格所持者ネイリストの違い

 

この2人は性格が違いましたが、言葉として発する部分では、

全くの素人の子は、

明るく、ネイルをするのが好きで、
『お客様に喜んでもらいたい』 というタイプの子です。

資格所持者の子は、

ハッキリしていて、ネイルが好きで、
『お客様に喜んでもらいたい』 と言うタイプの子です。

 

ポイント

同じようにみえますが、深い意味でいう、
考えている事が全く違いました。

なので当然、行動としても少しずつ違いがあり、
それがヒシヒシと伝わってくる状態です。

 

全くの素人の子は、

お客様が望むネイルをしつつ、
もっと楽しんでもらえるように考えるタイプで、
常にお客様中心の考えが当たり前の子でした。

資格所持者の子は、

自分が考えるお客様に喜ばれるであろうネイルをしつつ、
自分がいいと思った事が1番のタイプで、
常に自分が中心の考えが当たり前の子でした。

 

素人ネイリストvs資格所持ネイリストの数か月後

 

その後数ヶ月が経ち、

全くの素人だった子は、

ネイル技術自体も上手になり、
お客様のご要望に応えれるネイル技術と、
お客様のご要望を引き出せる施術&接客が
出来るようになってました。

資格所持者の子は、

ネイル技術自体は入店時のままで、
自分がしたいネイルをやりつづけていました。

 

結果

結果、

全くの素人だった子は、

常連様がしっかりついていて、
紹介もある程度ある状態になりました。

そして、
ある程度の経験人数を積んだ事で素人ではなくなり、
無資格のネイリストになった上で、
お客様のご要望に応えれるようになり、

ee

資格所持者の子は、

いつまでも新規様に入らないといけない状態で、
たまにお客様からクレームがきたり、
常連様がついてないので、
新規様を与えてもダダ漏れの状態です。

お客様のご要望に応えれないままでした。

 

もちろん、当時の私が
たまたま見た場合がそうだっただけで、
資格所持者で、人間性がいいスタッフもいます。
※今現在も一緒に働いているスタッフがそうです。

 

簡単に言うと、
ネイル技術は誰でも練習すればできるようになります。
全くの素人から無資格のネイリストになった子は、その後1級まで取得してます。

 

ポイント

その一段階上の上手と言われるネイル技術、
お客様に必要とされるネイル技術を身に付ける為には、
お客様の気持ち、考え、
欲求を引き出せる技術がないと難しいです。

 

大きな違いは、習得する技術が違った事

 

お客様のご要望を聞く技術がないのに、
お客様のご要望に応えれるわけがない。

 

片方はお客様に耳を傾け、
片方は〇〇先生にのめりこんだ結果。

このように、同じ期間サロンで働いても、
結果大きな違いになってくるのが、
ネイル施術&接客の技術の差なんですね。

ポイント

これは、経営上の数値を見ながら、
”””何故?”””
を解決していかないと結果が出ない事なので、
多くの方が出来てない場合が多いです。

 

資格などのように、
誰かに合格を頂けるものでなく、
1人1人の贅沢なお客様に、
料金を払ってでもやってもらいたいと思ってもらえる
ネイル技術&ネイル施術&接客技術がないとダメだからです。

 

もう一度言いますが、

通常の資格のようなネイル技術は
練習すれば誰にでも出来るようになります。

ですが、お客様やサロンに認められる、
求められる、必要とされるネイル技術は、
お客様のご要望を引き出せる人にしか出来るようにならない。

だって・・・・
今日来るお客様は昨日のお客様とは違いますからね。

 

資格は関係なく接客の技術が関係してくる

 

ここを勘違いされる方が非常に多く、
今回の話にでてきた
資格所持者のような結果になっちゃう方が多いのです。

 

注意ポイント

いつまでたっても経営が楽にならない、
安定しない、集客を続けないといけない、
常連様でいっぱいにならない、
ネイリストもお客様も育たない・・・ という状態です。

 

私自身が開業を手伝った方達も、
開業当初は上手くいくのですが、
その後がなかなか思い通りにいかない・・・
という場合、
ほとんどが、ネイル施術&接客の部分で問題がありました。

 

メール等でも話を聞いてると分かるのですが、
上手くいってない時に、○○を習いに行ったり、
○○を新しく始めようと思っている系の
話をされる方はその傾向が強く
今現在の状態でダメなのに、
さらにネイル技術だけを付けようとしているので、
もっとダメになっていくパターンの1つです。

 

まずは今現在の通常の状態を直してから
次の段階に進むべき

※当たり前の部分が出来てないと話にならない

ポイント

ネイル施術&接客が上手な方は、
ネイル技術自体が普通ぐらいであっても、
お客様が増えていきますし、
集客は開業当初だけで、
あとは紹介だけでやっていける状態になるのが普通だと思います。

 

私がみた一番記憶に残っているスタッフ

全くの素人で働きにきて、
当然、練習は人一倍頑張っていたのですが、
まずは上手くいっている人のネイル技術を見よう見まねで真似して、
※通常の子は有資格者に教えてもらいたがるのですが、
この子はお客様人気No1の無資格の子におねがいしてた

その後、数回隣についてネイル施術&接客を教えた途端・・・・
※通常の子より、なぜ?なんで?が少なく、
とにかく真似をして、その後のお客様の様子まで追ってました

数ヶ月もしないうちに常連様が付きファン化できるようになり、
紹介がサロン内でNo1になってました。

 

それから10年経ちますが

10年たちますが、今もこの記録を破る子がなく、
全くの素人から数ヶ月で常連様で埋まり、
20~40%の紹介率が続き、
パートなので、1日2~3人、
月に50人ぐらいの施術数でしたが、
紹介人数が10~20人前後がつづいてたんですね

経験者&有資格者に紹介のお客様をわりふっていました。

 

サロン内では有資格者から
ネイル技術について注意もされてましたが、
サロン側、お客様からみると、
直すことが必要だったのは有資格者の方だったんですね。

 

ちなみにですが、

当然、逆のこともありまして、
資格所持者でお客様の要望を引き出せる子もいましたが、
こういった子は、かなり少ないのが現状だと思います。

 

資格は持っていてもいいけど、
お客様に求められている技術は・・・
また別です。

 

ポイント

当然、どんな資格でもただの基本なので、
あるならあるでいいけれど、
資格があるからネイルをできる訳でないので
そこを勘違いしてはいけないというお話でした。

 

 

-ネイルサロン開業&経営

Copyright© ネイルで開業経営 今すぐお客が増えるネイル技術&接客技術で集客 方法と経営のやり方 , 2019 All Rights Reserved.